ATI技術によるリアルタイム・オシロスコープの周波数帯域拡張(和文)

過去10年の間、データ通信レートは10倍以上も高速になっています。1Gbps以下だったデータ・レートは、今では10Gbps以上になっています。光通信は100Gbps以上で設計されており、研究レベルでは近い将来において1Tbpsが目標になっています。RF無線通信ではGHzレンジの広帯域信号を採用しており、同時に、RF/光通信ともに複雑な変調方式と小振幅信号を使用してチャンネル・データ容量/規制要件に対応しています。このようなシステム設計の検証、適合性、デバッグには、広帯域のリアルタイム・オシロスコープが必要になります。オシロスコープの設計エンジニアは、60~70GHzレンジの要求に応えるためのリアルタイム・オシロスコープ性能拡張を求められています。

この技術資料では、リアルタイム・オシロスコープの周波数帯域を拡張するための技術を比較し、最新の技術革新である

「ATI(Asynchronous Time Interleaving)非同期タイム・インターリーブ」について説明します。

Télécharger le fichier

Téléchargements
Télécharger

Télécharger des manuels, des fiches techniques, des logiciels, etc. :

Go to top